不思議なダンジョン2 風来のシレン

  (チュンソフト)


風来のシレン藍の冒険譚目次

ずっと前に、桃ちゃんが「トルネコの大冒険」を買ってきました。

何だったか、ゲームレビューの本か何かを読んで、興味を引かれたようで・・・。

そして、ハマッていました。
私も、ハマりました。

時間を忘れるほどハマるソフトは私には珍しかったので、本当にハマった、と言えるかもしれません。


さて、それから時は過ぎ、
私は中古屋で「風来のシレン」を見つけました。


これは、トルネコの後に出たものらしい。
     ↓
これの後に、トルネコ2も出た。
     ↓
トルネコ2も、もう持っている。まだやってないけど。

(今はもうクリア済みですが、この頃はまだ未プレイ)
     ↓
トルネコは面白かった。
     ↓
これも同じ会社のもの。
     ↓
ということは面白いかもしれない。


と、そんな思考回路のもと、購入。
早速やってみました。


テーブルマウンテンの頂上にいるとされる『黄金のコンドル』。
その姿を見た者は、何でも願いが叶うという言い伝えがある。
しかし、そこは未だ、誰一人たどり着けない場所。
風来の旅人「シレン」は、相棒の語りイタチ「コッパ」と共にテーブルマウンテンを目指すことに・・・。


結論。


面白かったヽ(´▽`)/


トルネコの1よりは遥かに難しくなってるけど、
いろんな要素が増えてかなり面白い。


でも最初は、テーブルマウンテンをクリアした後行けるようになるダンジョンは、それほどでもないなーと思ってました。
自由に進めて何でもできるテーブルマウンテンの冒険の方が面白いな、と。

とくに、最終的に行けるようになる「フェイの最終問題」(トルネコの「もっと不思議のダンジョン」的なダンジョン)があまりに難しすぎて、
正直やっとれんわ!!ヽ(*゜Д゜)ノ・・・と思ったのも要因です。


が。

何だかんだでやってるうちに、
むしろ

テーブルマウンテンは前座、
本命は肉のダンジョンだ!!

・・・という心境に変わっていきました。


テーブルマウンテンを越した後に行ける「食神のほこら」が、私の一番のお気に入りになったのでした。
(「肉のダンジョン」というのは、私たち姉妹の間での「食神のほこら」の通称です)

今じゃ、「シレンをやろうかな」と思うときは、最終的に「肉のダンジョンをやろうかな」と同義です。
と言っても、まずはもちろんテーブルマウンテンから始めるんですけど。
(しかも、大抵は肉のダンジョンクリア後最終問題まで突入、99階クリアをするまでやるので、完全1周するということに・・・)



最初の冒険は、テーブルマウンテンのクリア。
渓谷の宿場から冒険がスタート、こばみ谷からテーブルマウンテンへ。
そして、頂上にある黄金郷を目指すのです。

そこに行き着くには数々の難関が待ち受けています。

助けてくれるのは、便利な道具とたくさんの仲間たち。(主に前者)


そして、クリア後に行けるようになる
「食神のほこら」「掛け軸裏の洞窟」。

それぞれ最深階到達でクリアとなり、「フェイの最終問題」への切符を手にすることができます。


しかし、「フェイの最終問題」にチャレンジするには、「フェイの問題」を全てクリアしていることも条件の一つなので、これだけでは「最終問題」には行けません。

「渓谷の宿場」の一つの店に、不思議のダンジョンを研究しているという「フェイ」がいます。
彼に話しかけると、彼の造ったダンジョンに挑戦することになるのです。

「フェイの問題」では、
「この道具はこんな使い方ができる」
「こういう事態にはこんな対処法がある」

などのことをシミュレーションしながら勉強できます。

問題は全部で50問。1問クリアごとに、冒険で使える道具をくれるので、序盤の冒険では、シレンの進め方の勉強も含めて非常に重要です。

そんな「フェイの問題」を50問クリアし、「食神のほこら」「掛け軸裏の洞窟」両方をクリアすると、「フェイの最終問題」に挑戦できるようになるわけです。


そしてやっと入った「フェイの最終問題」は、

それはもう

ハンパじゃなく難しい。


あまたある未判別の道具。

ありえないモンスターハウスのレベル設定。

ある階を境に急激にレベルアップするモンスターたち。

ありとあらゆる、進行を困難・不可能にする様々なもの。


よっぽどツイてないと、
まずクリアはできません
(; ̄∇ ̄ )


でもまあ、何度も何度も挑戦してると、大体どんな感じで進めばいいかのコツがわかってくるので、比較的クリアはしやすくなります。(あくまで比較的)

・・・と言っても、低い階のうちにいい道具・武器・盾が手に入るとか、おにぎりが切れずに手に入るとか、運がある程度はよくないとやっぱり無理ですけど。



まあ何はともあれ、そんなこんなで相当楽しく遊んでいるシレンですが、
トルネコ同様、悲しい冒険の数々もあります。
死ぬはずじゃないところで死んだり、ついうっかりのミスで全てを失ったりなど、日常茶飯事です。

そんな冒険譚の一編をちょこっとご紹介。(順次アップ予定)
お時間ある方はほんの少し、お付き合いくださいませ☆


★こばみ谷〜テーブルマウンテンの冒険の思い出
その1 その2 その3

★肉のダンジョン(食神のほこら)の冒険の思い出
その1 その2

★ワナのダンジョン(掛け軸裏の洞窟)の冒険の思い出
その1

★フェイの最終問題の冒険の思い出
その1NEW その2



HOMEへ  ゲーム部屋へ  SFC その他へ  桃子の思い出へ