アンジェリーク天空の鎮魂歌

  (コーエー)


アンジェリークspecial2のあとという設定。
RPGです。

2の主人公、アンジェリーク・コレット(名前変更可能)は新宇宙の初代女王として、補佐官のレイチェルと共に新宇宙へ旅立ちました。
そのあと少しして、コレットたちの生まれ故郷の宇宙に『皇帝』と名乗る男が侵略してきます。

女王アンジェリーク・リモージュは塔に閉じ込められ、守護聖たちもそれぞれとらわれてしまいました。

助けを求めに来た補佐官ロザリアと共に、コレットは元の宇宙を救うために旅立ちます・・・。

という流れ。

主人公は2の主人公のコレットです。
レイチェルを宇宙にお留守番させて、もとの宇宙を駆け回る冒険の旅に出発です。

そのさなか恋が芽生えると恋愛エンディングとなり、
恋が実らなければノーマルエンディング。

攻略対象は
光の守護聖ジュリアス (声:速水奨)
闇の守護聖クラヴィス (声:塩沢兼人)
風の守護聖ランディ (声:林延年)
水の守護聖リュミエール (声:飛田展男)
炎の守護聖オスカー (声:堀内賢雄)
緑の守護聖マルセル (声:結城比呂)
鋼の守護聖ゼフェル (声:岩田光央)
夢の守護聖オリヴィエ (声:子安武人)
地の守護聖ルヴァ (声:関俊彦)

そして守護聖たちを助けるために協力を求めて、一緒に来てくれる協力者や教官の人たち。
「精神」の教官ヴィクトール(声:立木文彦)
「感性」の教官セイラン(声:岩永哲哉)
「品位」の教官ティムカ(声:私市淳)

王立研究所主任エルンスト(声:森川智之)
占い師メル(声:冬馬由美)
謎の商人(声:真殿光昭)

そして、コレットを危険から救ってくれた謎の剣士アリオス(声:成田剣)

アリオス以外は2の攻略キャラです。

守護聖は最初それぞれの場所にとらえられているのですが、あっという間に助けられるので問題なし。
まずは元教官や元協力者の人たちを集めることになりますけど。

メルには占いで彼らの新密度チェックや、おまじないで相性あげをしてもらえます。
メルともできるし、2のときみたいにおまじないをするとメルに嫌われていくこともないので安心。

新密度は、戦闘でかばってもらうことや、プレゼントをしたりすることで上がっていきます。
ちなみに彼ら同士を仲良くさせると、戦闘時にかばわせるときのセリフが仲良さげになって面白い。
でもそのためにはかばった相手が敵の攻撃を受けないと意味がないので、ひたすらかばうをくり返す羽目になるんですが・・・(;´∇`)

もちろんコレットと仲がいい人にコレットをかばってもらうとラブラブなセリフをいただけますVv
声ついてたらよかったんだけど・・・。

戦闘時で声がついてるのは彼らが固有特技を放つ時だけです。
守護聖を全員助けると、リモージュ陛下の力で彼ら全員(教官や協力者含む)に特別な力が宿って、戦闘で使える特技ができます。

中でも役に立つ・・・というか、最強なのがメル。
なんと唱えると、敵の攻撃を全て無効化できるという!
レベルが上がれば味方全員守ってくれるので、ボス敵なんかこわくない。

しかもラスボス戦でも使えるので、メルさえいれば何もこわくない(≧∇≦)/
すごすぎるよ、メル・・・。
おかげでスタメンから外せない子になりました。

逆にあまり役に立たないのはエルンスト。
敵のHPや弱点などをリサーチするのが特技。
・・・エルンストの冷静なリサーチはときに笑えますけど、それ以外使えません。なんだろこれ。

あと回復系はそんなに使い勝手良くないです。
コレットが回復使えるし・・。

アリオスは最初から特技を持ってるキャラで、しかも全体攻撃なのでとても便利。
外せないキャラなので強いのがありがたいです(*^▽^*)


さて、アンジェリークのRPGであるからして、当然メインは好きな人との恋愛です。

ある程度仲が良くなると、恋愛イベントが発生。
三段階あり、三段階目はラスト間際に二段階目までクリアしたキャラとだけ発生。(一人だけ)
二段階目まではまたがけ可能。

夜に二人でお話しするというシチュエーションなので、街の宿屋に泊ると起きます。(パーティーメンバーに加えている場合)

大抵の街で発生可能なので、どの街の景色の中でお話ししようかな〜♪と選んだり。
海、雪景色、紅葉並木、いろんな景色があるのでちょっとしたことだけど楽しい(*´▽`*)

恋愛イベントではスチルが出て、スチルの部分だけ声付きです。

その他、色んな街の宿屋に泊ることで発生するイベントがいくつもあります。
こっちは音声ないけど、キャラ固定のイベあり、全員共通イベあり(一人とだけ見れる)、スチル付きイベありと多彩。

ラブくもなんともない戦闘イベントもあるけど、キャラらしさを満喫できるイベントやコミカルなものもあるのでとても楽しい♪

中でもお気に入りのイベントは、全員の中から(パーティーメンバー)一人だけ選んで起こせるイベントの『雪』。

一緒に雪を眺めるイベントですが、スチル付きで結構ラブラブ。
ロマンティック〜〜Vv
今まで気候の変化のない場所での恋愛だけだったので、こういうのはとてもいいですね。

アリオスとは三段階の恋愛イベントはないけど、みんなと同じく宿屋に泊ることで発生する通常イベントは起こせます。
コレットが唯一敬語じゃなくて普通にしゃべり、口げんかもよくしているアリオス。
新鮮だしとてもお似合い(#´∀`#)

あとは同じく宿に泊まると発生するキャラ同士の微妙な掛け合いイベントがあります。
コレットとは無関係で、連れてるメンバーとも関係なく、仲間たちがちょっとした会話を繰り広げます。
2の試験仲間でもあるため一緒に旅をしていてもそれなりにみんな仲良くやっている模様。


なかなかツボなイベントとしては、
アリオスと二人で無人島に流される固定イベントが発生しますが、そのあと帰還したコレットを出迎えてくれる他のメンバー。
一番仲がいい人はやきもちを焼いてくれます。

が、コレットとアリオスが二人っきりだったことについてやきもちを焼いている人ばかりではなく・・・・。

自分が役に立てなかったことを悔しがっている人もいて、ちょっとガッカリです(;´д`)
全員アリオスにやきもち焼こうよ〜〜〜!!
めったにないシチュエーションなので、ここは全員キメてほしかった。


今回は主人公が女王で、もとの宇宙を救う旅というシチュエーションなので、最後はお別れになってしまいます。
守護聖とはまた会えるだろうけど、それ以外の人とは時間の流れが違うからもう二度と会えない・・・。
そんな切なさが、エンディングのセリフを情熱的にしています。

まあ守護聖も気安く宇宙間を移動できるわけじゃないから、シリアスですが。

最初はこういうお別れエンドってちょっとなーとテンションが下がりまくりでしたが、
何回かやって慣れたので、こういうのも悪くないかなと思えるように。

・・・こう言っちゃ身もふたもないけど、トロワ(次回作)であっさり再会できるしね(*´v`*)

エンディングの前のパーティーでのダンスが可愛いです。
ミニキャラが躍ってて・・・。

今作はキャラのミニキャラがとても可愛くてお気に入り。
ちっちゃいのに笑ったり驚いたり怒ったりしててとても細かい。
スチルの絵もアニメーションもキャラグラフィック綺麗なので、今までのシリーズで一番全てに安定感があります♪

でもオトしたのは
ランディ・リュミエール・オスカー・マルセル・ゼフェル・ルヴァと
セイラン・ティムカ・アリオスだけですけどね(;´∇`)
これだけオトしててもまだ半分・・・。

やっぱ特にお気に入りキャラをオトしたくなっちゃうですね。
もうここまで来ると。

でもマルセルはエンディングの感じがイマイチだったので、それほどでもなかったな。
もっとわがまま言ってほしいんだマルセルには・・・。

エンディングの雰囲気が特に気に入ってるのはランディです。
ランディの明るさで、なんか救われる・・・。

全員制覇しようと思いつつも、どうしてもお気に入りメンバーをオトしたくなってしまうので、なかなか難しいです。

特技の音声はランディとセイランがお気に入りです。
・・単純に声が好きだから?


HOMEへ  ゲーム部屋へ  桃子の乙女ゲームへ