ちいさなちいさな王様

 アクセル・ハッケ作  那須田淳/木本栄共訳
 ミヒャエル・ゾーヴァ画  講談社


あらすじ
ある日突然、主人公のところに、人差し指くらいの大きさの、太った王様が現れます。

王様は、主人公の家の本棚と壁のすきまに住んでいるようです。
そして王様は、「僕」に、「お前の世界のことを話してくれ」と言ってくるのです。

「僕」はこの世界のことを、そして王様は、自分の世界のことを話します。


王様の世界では、生まれたときが一番大きく、何でもできるといいます。

そして、毎日少しずつ忘れていき、少しずつ体が小さくなっていきます。

いろんなことを忘れ、想像して楽しむ、いわゆる子供時代がやってきます。

王様の世界では小さいほうが偉いので、大きい人は、小さい人の疑問にもとことん付き合わなくてはなりません。

ある日、父親がものすごく小さくなって、見えなくなってしまったので、王位を継承したのだと王様は言いました。


王様は「僕」の話を聞いては、自分の世界と比べて、「おれの世界は素晴らしい」という考えになるようです。

もっとも「僕」自身、それに否定はできません。

王様の世界は、すべてがうまく、幸せそうにできているのを感じるからです・・・。


王様は、少しずつ小さくなりながらも、「僕」にいろいろなことを教えてくれます。

たとえば、毎日歩いていく会社までの道も、王様と一緒だと、全く別の世界になってしまいます。


また夜空を眺めて、王様が教えてくれたのは、「僕」たちが死んで星になった後、王様の世界にいつか生まれ変わるということでした。


その話の中、「僕」は疑問に思います。

王様の世界は、「死」があるんだろうか?

見えないくらい小さくなったからといって、そこにいないとは限らない。

それなら、王様の世界では、ずっと永遠に存在しているということじゃないかな・・・、と。



感想
作者が、ドイツ新聞に掲載していたものをまとめたのが、この本です。

王様と過ごす五つのお話が載っています。

一応まとめて、上のようなあらすじになりました。


この本は、とにかく王様のキャラクターがいいです。

王様だけあって偉そうで、しかも子供のようにわがままで、何だかとても幸せそうで。

「僕」は王様の言うことを聞くしかないのですが、それもうらやましいくらいです。


王様の世界がうらやましい。

多分、読んだ人はみんなそう思うのではないでしょうか。


そうだったらいいな、という、夢の世界です。

だけど王様と一緒にいると、「僕」も想像力が広がるようです。

それにつられて、私も楽しい気持ちになることができます。


王様はいつかそのうち、見えなくなってしまうのでしょう。

だけどこの物語はそこまで書かれてはいません。


それが何だか嬉しくて、何気ない「終わり」にほっとします。

またいつか、この続きが見れるんじゃないかな・・・そんな気にさせてくれます。



HOMEへ  図書室へ  短編目次へ