謎解きはディナーのあとで

 東川篤哉  小学館


あらすじ
主人公・宝生麗子は『宝生グループ』という財閥のお嬢様でありながら刑事になった変わり者。
コンビを組んでいる麗子の上司・風祭警部もかなりの金持ちのボンボンですが、
麗子の素性は全く知らずに金持ち自慢をしてくるのが玉にきず。

そんな二人が捜査に当たったのは、殺人事件です。
被害者の女性は自室で、なぜかブーツを履いたまま部屋の中央で刺殺されている・・・。

いくつかの情報は入るものの、怪しい人物も出てこず、
捜査に行き詰ってしまった二人はいったん日を改めることにしました。

ところが麗子の屋敷で雇われている執事・影山に事件の概要を詳しく話して聞かせると、
トリックも犯人もズバリと言い当ててしまいます。

ただし、悩むお嬢様麗子に向かって「お嬢様はアホでいらっしゃいますか」などという暴言を吐いた後で・・・。



感想
六つの短編が入った推理小説です。
ちなみに六つの短編はすべて麗子お嬢様シリーズで
上に書いたあらすじは第一話『殺人現場では靴をお脱ぎください』のものです。

推理小説と言うジャンルは私には少し敷居が高くて、
後味が悪いものや、事件がごちゃごちゃしてて読みにくいものが結構ありました。

でもこの話は短編ですぐ読み終わるし、
内容も「事件発生」→「捜査」→「影山の謎解き」で、
謎解きが終わったと同時に話も終わるため、後味も悪くありません。
事件も単純なもので、登場人物が少ないので、推理がしやすかったのも嬉しかったです。

主人公も影山も身分の割には口が悪いので、最初は少し驚きましたが、
まあそれも味の一つと言う感じで楽しめました。
この話でおしとやかなお嬢様が主人公だったら面白味が減る気がします。

私のように、推理小説はちょっと苦手だと思うような人でも気楽に楽しめるタイプの話だと思います。
タイトルの通り、食後やおやつの読書にピッタリです。
読みやすかったのであっという間に読んでしまいました。
面白かったです。



HOMEへ  図書室へ  短編目次へ