ズッコケ財宝調査隊(シリーズ第九巻)

 那須正幹作 前川かずお(亡くなられるまで) 高橋信也(それ以降、作画として)画  ポプラ社文庫


あらすじ
夏休み、モーちゃんの親戚の家に泊まることになった三人。
そこで、モーちゃんのおじさんについての話を聞くことになります。

中学一年のときに、がけから落ちて亡くなった総吉おじさんは、
友人に「自分は戦犯の証拠をにぎっている」と言ってたらしく、
ちょうどその頃日本は戦争に負け、二人の負傷兵が総吉おじさんの家へ運び込まれていました。


もしかしたら、おじさんの死は事故ではなく、証拠を握ったため殺されたのかもしれない、と三人は考えます。


そして、二人の、事件の重要人物と知り合うことになります。

一人は、二人の負傷兵のうちの一人。

そしてもう一人は、おじさんの友達だった女性。


真相を知った三人は、おじさんが見つけたという、その証拠の品を探しに行くことにします。



感想
これは大好きなお話です。
どちらかというと、冒険というより謎解きが主なので、事件モノっぽい気もするのですが、事件自体は相当昔のものだし、一応分類は冒険にしました。


モーちゃんにそっくりだったという、総吉おじさんは、モーちゃんのお母さんのお兄さんです。
顔だけではなく性格も似ているらしく、なんだかそれだけで、親近感というか、愛着がある感じです。

そして、舞台が今はもうダムの底に沈んでしまった村だというのが、哀愁を感じさせます。


おじさんの死の真相は、とても哀しくて切ないものでした。


でも、その後に広がったのは、優しい、暖かな気持ちです。


モーちゃんの部屋に飾られた、一枚の絵。

それを思うと、泣き出したいような、胸がいっぱいになるような気持ちが溢れてくるのです・・・。



HOMEへ  図書室へ  シリーズ物へ