ズッコケ心霊学入門(シリーズ第五巻)

 那須正幹作 前川かずお(亡くなられるまで) 高橋信也(それ以降、作画として)画  ポプラ社文庫


あらすじ
ハチベエは、週刊誌に送る心霊写真を撮るために、後輩の恒川浩介と一緒に、お化け屋敷といわれる洋館を訪れます。

そこで心霊体験をしたため、早速その写真を送り、後日取材に記者と心霊研究家がやってきました。


そしてハカセ、モーちゃんと浩介も一緒に、心霊実験の場に立ち会ったのですが、そのあとで浩介の具合が悪くなってしまいます。

洋館にいた霊が、浩介にとりついてしまったのかもしれない・・・。

しかし浩介のことは、大人たちに任せるしかありません。


そんな中、ハカセはあることに気がつき、自分で調べてみることにします。
その結果、意外なことがわかり・・・。



感想
心霊写真とかにハチベエが関心を持ったというのに驚きました。
怖がりのモーちゃんは当然霊を信じているだろうし、ハカセは信じないだろうとは予測できましたが・・・。
はやりモノに飛びつく、好奇心旺盛な性格のせいなのかもしれませんね。
私も、霊を信じるタイプなので、冒頭からかなりひきつけられました。


ハカセが、心霊写真は信じないのに、心霊研究家は信じているというのには笑ってしまいます。
科学的な説明が付けば何でも信じてしまうのでしょうか。


今回キーポイントとなるのが、後輩の恒川浩介くんです。

彼は、ハチベエになついている、一人っ子のおとなしい男の子。
両親は忙しく、引っ越してきたばかりなので友達もいない、そんな寂しさが今回の事件を引き起こしたのです。


後半、ハカセが気づいたことで、心霊学とは別の方面の話になります。

私はそっちも非常に関心があるので、もっと詳しく読んでみたかったですね。


最後は、元気になった浩介くんの笑顔がほっとさせてくれて、後味のいいお話になっています。



HOMEへ  図書室へ  シリーズ物へ