ズッコケマル秘大作戦(シリーズ第三巻)

 那須正幹作 前川かずお(亡くなられるまで) 高橋信也(それ以降、作画として)画  ポプラ社文庫


あらすじ
冬休みスキー場に遊びに行った三人は、かわいい女の子に出会います。

その後、新学期にその子が転入してきて、三人とも彼女を好きになってしまいました。
といってもお互いの気持ちは知らないまま。


自分の気持ちを隠して、ハチベエとハカセは、悩むモーちゃんの応援をすることにします。


ところが彼女がみんなに嘘をついていたことがわかり、みんなからのけ者になってしまうのです。
複雑な気持ちを抱えつつ、三人は彼女の力になってあげることにするのでした・・・。



感想
三人が同じ女の子を好きになってしまう、というのに驚きました。

まあ、ハチベエはかわいい女の子に弱いのでわかりますが・・・それでも、モーちゃんのために応援する姿は偉いですね。

先に言われてしまったからかもしれませんが。


そして彼女・・・北里真知子ちゃんが、なぜ嘘をつかなければならなかったのか、という理由が後半にわかるのですが、かわいそう、ですね・・・。

嘘をつくしかなかった真知子の気持ちを思うと、
本当のことを知った三人が、それでも彼女の力になってあげたのは、すごく偉いと思います。

結果として、彼女は転校してしまうわけですが、三人の優しさを忘れないでね、そして幸せになってね、と言いたくなります。


なんにせよ、あまり恋愛に関心のないハカセにもこういうことがあるんだな、と、ちょっとほほえましく思いました。



HOMEへ  図書室へ  シリーズ物へ