ズッコケ山岳救助隊(シリーズ第二十一巻)

 那須正幹作 前川かずお(亡くなられるまで) 高橋信也(それ以降、作画として)画  ポプラ社


あらすじ
夏休みの終わりごろ、三人は、花山町内のこども会で行われる山登りへ行くことになります。
厳しい登山なので行く人が誰もいなかったのですが、ゲームにつられて参加することにしたのです。


参加メンバーは、この山登りの主催者のおもちゃ屋の有本さん、その娘真奈美と、弟の一郎。
一郎の友達、中司幸雄。そして三人と、ハカセの妹道子、その友達の湯原恭子。そして恭子の両親、の合計十一人。


一日目の山登りは何の問題もなく終わります。
しかし翌日・・急に湧き上がった霧に巻き込まれたみんなは、バラバラになってしまいます。
雨も降りだし最悪の状況です。


ハチベエ、ハカセ、モーちゃん、真奈美以外は、有本さんに無事保護されました。
有本さんは、残りの子供を捜して山を駆け回ります。


しかし実は、彼らは全員合流できていて無事でした。
そして、四人で何とか山を降りようとしていたのです。
ただし今いる場所を特定できないので、有本さんたちのところへ戻ることはできません。


そういうわけで、四人は雨の中をひたすら歩き続けます。
そしてやっと前方に小屋が見えました。
ところがようやくたどり着いた小屋では、また別のとんでもない問題が発生していたのでした・・・。



感想
山登りは昔やったことがありますが、見晴らしのいい景色とおいしい空気は本当に感激しました。
疲れが吹き飛ぶ、というのを心から思った瞬間です。

あの感覚は、実際登らなければわからないものですね。
しかしその後山登りなど全くしなくなった私は、あの感覚を味わうことはもう二度とないだろうな、と考えています・・。


それでも、その懐かしい感覚を思い出しながら読みました。
相変わらず丁寧な描写なので、そこにいるような気分でとても楽しかったです。


山登りの話かと思いきや、物語はまた別の方向へ発展していくのですが・・
そのメリハリの利いた展開に、終始ドキドキしっぱなしでした。


一方で、ひたすら責任を感じて走り回る有本さんの姿が切ないです。
私たちは三人や真奈美が無事なのを知っているけど、有本さんは知りません。
子供たちを捜して、土砂降りの雨の中を、山を、歩き続けます。
その姿が哀れで、かわいそうで、無事なのを教えてあげたくなります。


そしてラストで、あれだけ大変な思いをしたハカセが「もういっぺん縦走してもいいなって思うんだ」というのが、何だかよかったです。
彼は山登りの魅力を、体にちゃんと感じていたんですね。
三人らしい終わり方が、面白いラストでした。



HOMEへ  図書室へ  シリーズ物へ