ズッコケ三人組の推理教室(シリーズ第十九巻)

 那須正幹作 前川かずお(亡くなられるまで) 高橋信也(それ以降、作画として)画  ポプラ社文庫


あらすじ
物語など一切読まないハカセが、シャーロック・ホームズにハマりました。
ホームズのような観察力を身につけたいと考えるハカセに、ハチベエが一緒の特訓を持ちかけてきます。

彼も将来刑事になりたいらしいのです。
ケンカしそうな雰囲気になった二人をなだめるべく、モーちゃんも加わり、三人で推理力をつける特訓を始めることにしました。


そんなある日、クラスメイトの荒井陽子の、飼い猫がいなくなったことがわかります。
早速三人で探してあげることにしますが、なかなか見つかりません。
ところが、新聞の折り込みチラシに迷い猫の情報を載せたところ、見つかったというのです。


後日、モーちゃんは母親から、別の迷い猫の話を聞きます。
会社の専務さんが、いなくなった猫の情報を折り込みチラシに載せたところ、すぐに見つかったということでした。


しかし、そのとき猫のえさや病院代で、十万円払ったというのを聞いたモーちゃんは、すぐにハカセに知らせます。
なぜなら、荒井陽子の猫も、お礼として十万円払ったと聞いていたからです。

事件のニオイをかぎつけた名探偵たちは、早速調査を開始しました。
(もちろん、ハチベエも加えて)



感想
今回は、いつもの三人に加えて、荒井陽子も捜査メンバーの一人になります。

ハチベエとしては、彼女と一緒に過ごせる貴重な時間ですが・・・
推理しなくても、その結果は予想できそうですね。


捜査は、いったん行き詰まり、そしてまた別の方向から進展していきます。
どんな物語も、この瞬間が一番「面白い!」と感じます。

絡まった糸がほどけていくように、話は展開し、名探偵たちは、もう一人強力な助っ人を手に入れます。


今回は、四人の様々な部分での名探偵ぶりが面白いです。
なんといっても今回の主役はハカセですが、しかし、荒井陽子の活躍がとてもいいです。

普段だったら、女の子ひとりで、ズッコケ三人と一緒に行動なんてしないでしょう。
それなのに、全く自然に一緒に事件を追っている。
そんな不思議な自然さが、私はとても好きです。



HOMEへ  図書室へ  シリーズ物へ