謎のズッコケ海賊島(シリーズ第十六巻)

 那須正幹作 前川かずお(亡くなられるまで) 高橋信也(それ以降、作画として)画  ポプラ社文庫


あらすじ
休みの日、釣りをしていたモーちゃんは、草川大助というおじさんと知り合います。

草川さんは船をチャーターして、ある島に渡りたがっていたのですが、お金が足らず、猟師さんから断られていました。

そしてお腹をすかせた草川さんに同情したモーちゃんは、お弁当をあげ、連絡先も教えました。
いつか礼をするから教えてくれ、と言われたのです。


そしてその後、草川さんから電話が入りました。時間は夜の八時。
今から近くの児童公園に来てくれと言われますが、お姉さんからは止められます。

それでも、切羽詰った様子の草川さんが気になるモーちゃんは、ハチベエやハカセを誘うことにしました。


そして、公園でおじさんと再会したものの、おじさんの様子がおかしく、三人はあわてて救急車を呼びました。
しかしあわてていたため、救急車を呼ぶこと自体が遅れ、ようやくおじさんのところへ駆けつけたとき、おじさんの姿はどこにもありませんでした。


翌日、モーちゃんは、おじさんと再会した直後に受け取ったお守り袋を、二人に見せます。

それはカタカナで書かれた謎の言葉で、おじさんが話した言葉から連想して、宝物の暗号じゃないかということになります。


暗号の解読はハカセにゆだねられ、昨日の公園へ寄ったハチベエとモーちゃんは、そこで、救急車が来る前におじさんが、何者かに運ばれた事実を知ることになったのでした。


おじさんが悪者に追われていることを知っていた三人は焦ります。

彼らよりも早く宝物を見つけ出そうとしますが、なかなか見つかりません。


そんなある日、お寺で、三人は重要な手がかりをつかむことになります。

ところが、一歩前進かと思った矢先、三人の身に危険が迫ります・・・。



感想
面白いです!!

宝探しというのは、とにかくワクワクするものです。

私も幼い頃やったものですが、遊びでもかなり燃えましたから、本物の宝探しだったら、すごく面白いでしょうね。


ハカセやハチベエが、宝探しのほうに関心を寄せている間も、モーちゃんはずっと草川さんの安否を気にしていて、モーちゃんらしかったです。

モーちゃんだけが、元気だった草川さんと会話をしていたので、心優しいモーちゃんは、宝探しそのものよりも草川さんの手がかりを知りたかったのかもしれません。


ハチベエは、そんなことはひとまず置いておいて、宝だけに全神経を集中させていて、
ハカセは暗号解読や、そのお宝が海賊のものだとわかった後は、海賊について調べるなどなんだかとても楽しそうでした。

実際私もワクワクしていたので、モーちゃんが言ったときだけ、草川さんを思い出すようなものでした・・・。ちょっと罪悪感を感じます・・・。


しかしそれはともかくとして、純粋に、悪者との宝探しバトルにはハラハラドキドキします。

いざというときのハカセの機転には感心したし、ハチベエのボート操縦も役立って(なんだか、第四巻を思い出します。あの時も、ハチベエはボートを運転していたので)

スリル満点、大満足、といった感じでした。


少年心に火をつけるような(私は女なんですけど・・・おかしいな)この話が、私は本当に大好きです!



HOMEへ  図書室へ  シリーズ物へ