ズッコケ恐怖体験(シリーズ第十四巻)

 那須正幹作 前川かずお(亡くなられるまで) 高橋信也(それ以降、作画として)画  ポプラ社文庫


あらすじ
夏休み、ハカセのいなか(父方の祖父の家)に旅行した三人。

すると、町を散歩中、長靴ばあさんと呼ばれるおばあさんから、『おたかの亡霊』について聞かされます。
そして、ハチベエがおたかを呼び寄せた張本人だと。


しかし、ハカセの祖父や祖母に聞いても、知らないと言います。


その後、町の肝試し大会に参加したところ、間違った道を行ってしまったハチベエは、長者屋敷跡というところで、幽霊に出会ってしまいました。


そのことがわかったとたん、いなかから追い出されるようにして、自宅へ戻ることになった三人ですが、幽霊騒動はけして終わりではありませんでした・・。


自宅へ戻ったハチベエが、またも幽霊と会ったことや、そのあと乗り移られたようになったことで、再びいなかへ行くことになります。

『おたかの亡霊』とはいったい何者なのか。

そして、ハチベエはどうして幽霊と出会ったのか。


すべては、いなかで判明することになります。



感想
これは、怖かったです・・・。

といっても、描写が恐ろしいとか、グロテスクだとか、そういうことはまったくありません。

幽霊にしても、別に危害を加えるわけでもないし、物語も静かに進んでいきます。


でも、とにかく、幽霊に乗り移られたハチベエが怖いです・・・。

背筋がぞくっとしてしまうため、あまり頻繁には読まないようにしています。

そのため・・・たまに読むと怖い。

むしろ読み慣らしたほうがいいのかもしれません・・・。



HOMEへ  図書室へ  シリーズ物へ