うわさのズッコケ株式会社(シリーズ第十三巻)

 那須正幹作 前川かずお(亡くなられるまで) 高橋信也(それ以降、作画として)画  ポプラ社文庫


あらすじ
イワシ釣りでにぎわう港で、釣りを楽しんだ三人。
あまりの人の多さに、ハチベエはそこで商売をすることを思いつきます。

近くには食べ物屋がないため、ジュースやお弁当を売ろうと思ったのです。
さっそくハカセやモーちゃんと、売り子をやったところ、大盛況でした。

そこでハカセが、せっかくだからもっとお金を集めて、株式会社を設立しようと提案しました。
クラスメートに株券を買ってもらい、社長をハチベエにして、会社は運営されることに。

そして、株をたくさん買ってくれたクラスメイトの中森晋助が、三人の手伝いに来てくれ、大助かり。
彼がラーメン屋の息子で、インスタントラーメンをおいしく作れることからラーメン部長に任命、順風満帆に見えた会社経営ですが、アクシデントが起こります。


会社経営存続の危機に、社員の間も険悪になり、それだけではなく、株主たちからも責め立てられることになりました。


そんな状況の中、ハチベエは、あるおじさんからお金をもらいに出かけます。

そのおじさんは、最初と二回目に売り子をしたとき、お弁当を買ったはいいものの、お金を持っておらず、つけにしていたのです。

するとそのおじさんは、紙を渡し、伝言を頼んできました。そうすれば、お金をはらってもらえるということですが・・・。


一方、モーちゃんも、タエ子お姉さん(モーちゃんのお姉さん)から、購入して困っていた大量のラーメンを売りさばく方法を教えてもらいます。

そして、中森晋助が改良したラーメンを、社員とお手伝いに来た株主たちで、売ることになったのでした。



感想
これは、ラーメンが本当においしそうです。
別にラーメンが主役というわけじゃないんですが、今回のメインキャラとして中森晋助がいるので、ラーメンがよく描かれているというか・・・。


それにしても、ハカセは博学ですね。
たった三人の売り子から、株式会社に発展させるなんてすごいです。
社長がハチベエというのが今イチ納得できませんが・・・、社長って、いるだけの存在なのかもな、と思いました。
責任を追求されたとき、社員に責任を押し付けまくるハチベエは、まったく社長の器ではないですね(笑)


とにかく、このお話を読むと、ラーメンが食べたくなる・・・。

販売に奮闘する彼らの活動も、とても面白くて、ラストまでいつも一気に読んでしまう、大好きな作品です。



HOMEへ  図書室へ  シリーズ物へ