花のズッコケ児童会長(シリーズ第十一巻)

 那須正幹作 前川かずお(亡くなられるまで) 高橋信也(それ以降、作画として)画  ポプラ社文庫


あらすじ
もうじき児童会長選挙。
立候補者の中に、津久田茂がいると知ったハチベエは、他の候補者を立てて、津久田茂を阻止しようとします。

その理由は、ケンカに敗れたこと。
柔道をやっている茂と数人が、神社の境内で、一人をよってたかって投げているのを、偶然ハチベエが目撃したのです。
投げられていたのは、ハチベエの同級生・皆本章。

茂に言わせると、道場をサボる章に稽古をつけているだけ、らしいですが、リンチみたいなものです。


しかし、助けに入ったハチベエは、いともあっさり茂に投げ飛ばされてしまいました。
ケンカにかけては自信があったハチベエにとっては、悔しすぎる一件です。

そんな相手を児童会長にはできないと、ハチベエは奮起します。
もちろん、ハカセやモーちゃんには、心のうちは明かさずに。


そして、クラス一の美女、荒井陽子を立候補者に仕立て上げます。


ハカセの提案で、選挙違反にならない事前運動を開始した、ハチベエたち『陽子ファンクラブ』の面々。

ところがうまくいきかけた運動が、茂を応援する道場のメンバーによって、壊されてしまいます。

そして、当の本人、陽子が選挙には出たくないと言い出してしまい・・・。



感想
立候補するならいいけど、推薦の場合、自分の意思ではありません。
ハチベエたち『陽子ファンクラブ』は、陽子を応援するといいつつ、それを楽しんで周りだけで盛り上がっている、陽子だけ取り残されているような感じになってしまっています。
実際ハチベエは、茂を負かすことができるなら、誰でも良かったのです。


もちろん、それは茂のほうにも言えていて、ただの学校の児童会長選挙が、ずいぶん大事になってしまいます。
本当に集団心理というのは、結構怖いものです・・・。


今回は、陽子を立てる役に回っていたので、三人の活躍はさほどではないかも、と思っていましたが、そんなことは全くありませんでした。

ハカセはとにかくアイデアが豊富で、次々にいろんな案を出します。

モーちゃんは、章と話したことで自分なりに熱い闘志を燃やします。

そしてハチベエは・・・。


ラストで、ハチベエが上機嫌で駆け出していく姿は、すごくさわやかでした。


弱虫でおとなしくて根性がないという、皆川章に、私も同情していたので、

彼の演説はすごく良かったと思います。


“児童会長になる人は、いろんなひとの気持ちがわかるひと、なかでも、ぼくみたいな気の弱い子、からだの弱い子の味方になってくれるひとが、いいんじゃないでしょうか。

勉強のできるひとより、勉強のできないひとの悲しみをわかってくれるひと。”


先生という職業も、そうじゃないかな、と思います。

上に立つ人は、そうであってほしい、と思います。

すごく心に響く言葉でした。



HOMEへ  図書室へ  シリーズ物へ