ズッコケ山賊修行中(シリーズ第十巻)

 那須正幹作 前川かずお(亡くなられるまで) 高橋信也(それ以降、作画として)画  ポプラ社文庫


あらすじ
ハチベエの近所に住む大学生・堀口雅晴と、三人は、ドライブ中に変な奴らに連れ去られてしまいます。
連れ去った奴らは、山賊のような格好の一族でした。


彼らは、土ぐも様という神様を敬い、土ぐも様に仕えて山の中で暮らしているのです。
ハチベエたちをさらったのは、一族の婿にするためでした。


逃げ出そうにも、警備が厳重で、簡単にはいきません。

しかも堀口さんとは離れているため、なかなかチャンスもめぐってきません。


そんな時、お祭りがやってきます。

お祭りでは、外の世界の人間たちからの貢物が届き、子供たちも外へ連れて行ってもらい、ごちそうを食べられるというのです。

三人は、逃げ出すならこのときしかないと考えるのですが・・・。



感想
順応性があるというか、たくましいですね、三人とも。
まあ、山賊とはいっても、別に普段は穏やかで優しい普通の人々なので、いつまでもおびえる必要はないのかもしれませんが。
でも、私だったらこうはいかないだろうなと思います。


三人だったから、(堀口さんも入れると四人)逃げ出そうという強い意志を持ち続けていられたんでしょうね。

正直、いくらいい人たちでも、三人が逃げ出したときはほっとしました。


それにしても、土ぐも一族は恐ろしいです。

たった百人くらいしかいないのに、外の世界の人間まで味方につけている。

なんだか、どこまでいっても逃げ場がない感じが、怖かったです。


その反面、土ぐも教はいいですね。

土ぐも様は、ずっと大昔から、この世のすべてをうらんでいる。
誰も彼もを不幸にしようと呪っているというのです。

だから、この世の不幸のすべては、土ぐも様のせい。

悲しいことや、許せないこと、辛いことがあったら、全部土ぐも様のせいにすればいい。


誰のせいにもできないこと、誰かのせいにしたからって、どうにもならないことばかりです。
でも、誰かのせいにすれば、気持ちが晴れることもあります。

だからといって、周りの人に憤りをぶつければ、ぶつけられた人が傷つきます。

そんなときに、土ぐも様に怒りをぶつければ、誰も傷つかないですむのです。

ハカセのセリフを聞いて、なるほどなあ、と感心してしまいました。


ともあれ、終わったとき、もう土ぐも一族は出てこないんだ、という安堵感でいっぱいになった話でした。



HOMEへ  図書室へ  シリーズ物へ