それいけズッコケ三人組(シリーズ第一巻)

 那須正幹作 前川かずお(亡くなられるまで) 高橋信也(それ以降、作画として)画  ポプラ社文庫


あらすじ
花山第二小学校六年一組に在学中の三人、八谷良平(ハチベエ)、山中正太郎(ハカセ)、奥田三吉(モーちゃん)は友達同士。

彼らがどんなキャラクターかを紹介するように、短編がいくつか入っています。


『一 三人組登場』

トイレで読書するのが趣味のハカセは、ある日読書中に自宅に泥棒が侵入し、それを外に知らせようとします。丁度通りかかったハチベエとモーちゃんは・・・。


『二 花山駅の決闘』

万引き現場を目撃したモーちゃんは、女の子にひっぱたかれます。
仕返ししようとハチベエが持ちかけ、三人はまたその現場に向かいます。

果たして仕返しはうまくいくのでしょうか?


『三 怪談ヤナギ池』

クラスの女子に怪談話を馬鹿にされたハチベエ。
驚かしてやろうとハカセ、モーちゃんを巻き込んで偽者のお化けを作り、彼女たちを呼び出します。
ところが、なんと本物の死体が浮かび上がって・・・。


『四 立石山城探検記』

夏休みの自由研究のため、貝塚を訪れた三人組と、クラスの女子二人。
飽きてしまったハチベエは、一人宝物探しに行ってしまいます。

そこで足を滑らせ、落ちてしまったのは、昔の防空壕でした。


『五 ゆめのゴールデンクイズ』

モーちゃんは、お姉さんに勝手に応募されたクイズ番組に、出場する羽目になってしまいます。
モーちゃんが恥をかかないため(と、賞金山分けのため)に、ハチベエとハカセはカンニングを考えます。



感想
短編ですが、どれも面白いです。

いろいろな系統のお話が載っているので、ズッコケシリーズがどんなものかを知るにはちょうどいい感じです。(さすが第一作目・・・)

このときのモーちゃんは、気が小さくて怖がり、という性格がまだあまり出ていないので、最初の泥棒事件のときも、お化けのときも、割と落ち着いています。

ハチベエやハカセはあまり変わってないかな・・・。


この中で一番面白かったのは、『立石山城探検記』です。

行動派のハチベエから話が広がっていくことは多いのですが、これもまさにそんな感じです。

だけど、ただのハチベエのドジ話でなく、読後感がしんみりと、それでいて優しい感じになるところがとてもいいです。



HOMEへ  図書室へ  シリーズ物へ