ふたりのイーダ(シリーズ第一巻)

 松谷みよ子作 司修画  青い鳥文庫


あらすじ
小学四年生の直樹と、二歳の妹ゆう子は、母親の仕事の関係で、夏休みに祖父の家に預けられることになりました。

そして着いたその日に、直樹は不思議ないすを見かけます。

それは、「イナイ、イナイ、ドコニモイナイ・・・」とつぶやきながら歩き続けるいすでした。


翌日、いなくなったゆう子を探しに行った直樹は、いすを見かけた無人の家の中で、遊ぶゆう子を見つけます。

ゆう子は、まるでこのうちの子供のように自然で、直樹のことを知らない人のように、いすと無邪気に遊んでいるのです。


ゆう子のことが心配な直樹は、いすと話をしようとします。
ところが、いすは、ゆう子をこの家の子供のイーダだと言い張ります。

ゆう子も、直樹が教えたイーダ、というポーズを気に入って、自分のことをイーダだと言っているため、ますます勘違いしてしまっているようなのです。



ある日、おばあさんの知り合いの、りつ子お姉さんに連れられて行った史料館で、直樹はあのいすと同じ模様の、大人用のいすを発見しました。
そして、それを作った人をりつ子に調べてもらうことにします。
それがわかれば、あの家に住んでいたイーダが、いつの頃の人かがわかると思ったからです。



その後、あの家にかけられた日めくりカレンダーを見てみた直樹は、読むことができず、りつ子にすべてを打ち明けます。

りつ子が調べてくれたことによると、そのカレンダーは、1945年の、八月六日だということでした。

そのあとで、あの家をりつ子と色々調べた後、夜に二人で広島のとうろう流しへ行くことになります。


そこで、1945年の八月六日に起こったことを知った直樹は、あのいすのイーダも、原爆で死んだのかもしれないと考えます。

そしてもしそうなら、ゆう子がそのイーダの、生まれ変わりなのかもしれないと・・・。



そして、お母さんが仕事から戻ってきて、東京へ帰る日がやってきました。

直樹は、ゆう子と一緒にあの家へ出かけることにしました。



感想
内容は、とても重い、戦争ものです。
だから簡単に、面白い、というのもいけないのかもしれません。

でも、不思議な歩くいすや、生まれ変わりということについて。すごくドキドキして、やっぱり面白い作品だと思ってしまいます。


直樹にとっては、戦争は知らない世界です。
本当のことだといわれても、実感はわかないでしょう。

しかしおじいさんたちは、もとは広島に住んでいたといいます。

そしてさらにお母さんも、あの日までずっと広島に行って、軍の工場で働かされていたのです。
たまたま八月六日、材料がなくて休みになったので命拾いしたというのです。

もしおじいさんたちがそこにいたら、当然直樹は生まれていない、そしてお母さんがいなければ、もちろん生まれない。


直樹はその瞬間、すごく遠いところにあった戦争を、身近に感じることになります。


戦争の物語は、今までにも何度か読んだことがありますが、こういう風に、ファンタジーのような不思議な世界から、戦争を感じる物語は見たことがありませんでした。


不思議な歩くいすが、ずっとずっと、幼いイーダを待ち続けて歩き回る姿はすごく切ないです。

幸せな世界を、一瞬で打ち砕いた原爆の恐ろしさは、言葉ではうまくあらわすことはできません。
許せることではないし、もう二度と同じことはしてはならないと感じます。



この作品は、児童文学です。

だからでしょうか、ただ重苦しいだけではありません。

なんというか、「戦争は、重く苦しいものだけど、このお話はそれだけを感じて読まなくてもいいよ。でも、大切なことだから、覚えておいてね」・・・。

そんな風に、これを読む子供たちに向けての、作者の松谷みよ子さんの優しさ、というか、愛みたいなものを感じるお話なのです・・・。



HOMEへ 図書室へ  シリーズ物へ