クリスマス・キャロル

 ディケンズ作 村山英太郎訳 佐藤敬画  岩波少年文庫


あらすじ
ドケチで冷たいスクルージは、周りの人間のことなどどうとも思っていません。

かといって、自分が幸せなわけでもありません。

ただ、毎日仏頂面で、黙々と働き続けるだけです。


ボランティア団体が、お金持ちのスクルージのところへやってきても追い返すし、お祝いを言いに来た甥も、追い返します。

そうして、ただ一人ぼっちで生きていくことに、何の不満も感じていませんでした。



ところがある年のクリスマス・イヴ、スクルージの目の前に、唯一の友達で、共同経営者だったマーリが現れました。

マーリは七年前に亡くなっていて、恐ろしい幽霊姿で現れたのです。



マーリは、自分は死ぬ前に、周りの人間のために何もしてこなかった、その報いを今受けている、そして、スクルージもこのままいけば、自分と同じ道をたどることになる、と言うのでした。

そして、スクルージを助けるために、明日から三日、三人の幽霊が一人ずつ現れる、と。



それから、三人の幽霊がやってきました。


最初の幽霊は、過去の幽霊。

スクルージの懐かしい過去を、思い出させてくれます。

昔は、周りの人と楽しく笑って、幸せだったことを。


二番目の幽霊は、今年のクリスマスの幽霊です。

スクルージに関係のある人の家へ、連れて行ってくれました。


最後は、未来の幽霊でした。

そこでスクルージは、自分の未来を見ることになります。



三人の幽霊は、スクルージに、大きな変化をもたらしました。

スクルージは、それをしっかりと受け止めます。



そして、クリスマスがやってきました。

幽霊により時間は止まっていて、

正真正銘、これからクリスマスが始まるのです。



感想
読み終わった後、本当に、すがすがしい気持ちになります。

スクルージが心を入れ替えた瞬間、世界が生まれ変わったように感じるからです。

本当は、世界はいつもと同じように存在していて、
スクルージだけが変わったのですが。


その気持ちよさが、クリスマスという特別な日を、さらに感じさせてくれます。



クリスマス、というのは、本当に特別な日です。

だからこそ、スクルージの心も解けていったのかもしれません。


あれだけコチコチの心を、楽しい気持ちにさせてくれるパーティーが、あちこちで行われているのですから。


そしてまた、マーリがこの時期を選んだ(彼が選んだのかはわかりませんが・・・)のも、クリスマスが持つ、「特別さ」のせいかもしれません。



このお話は、とにかくクリスマスに読むのがぴったりですが、(楽しい気持ちが倍増します)そうでなくても、気分が少し落ち込んでいるときや、寂しいときなんかにも合っている気がします。


読むと、何だか優しい気持ちになれるので・・・。



HOMEへ  図書室へ  長編目次へ