秘密の花園(上下巻)

 バーネット作 吉田勝江訳 深沢紅子画  岩波少年文庫


あらすじ
インドで生まれたメアリは、裕福な家でしたが、両親から愛されない子供でした。

そのためインド人の召使いたちに囲まれて育ち、わがままでひねくれて、かわいくなく成長しました。


ところが、メアリが九つくらいの頃、両親がコレラで亡くなり、メアリは遠いイギリスへ引き取られることになります。
そこはメアリのおじさんの屋敷でした。

おじさんもまた、メアリと同じように、誰も愛さない人でした。
というより、十年ほど前、最愛の妻を亡くしてから、心を閉ざしてしまったのです。



メアリは、おじさんの屋敷に住むことになりますが、おじさんはメアリに関心はないようで、メアリのことは女中に任せて、自分は旅に出てしまいます。


裕福なお屋敷で、メアリの新しい生活が始まりました。

しかし、メアリと接する女中マーサのおかげで、メアリは変わり始めます。


マーサは自分のお母さんや、ディッコンという名前の弟の話をよくしてくれ、メアリもその二人の話を聞くのが好きになります。


マーサのお母さんもディッコンも、誰からも愛される、素晴らしい人たちで、とくにディッコンは、動物や植物からも愛されるようなのです・・・。



なにもすることがないメアリは、外へ出るようになります。
そしてそこで、庭師のベンと出会い、さらに初めてのお友達を持つことになります。

友達のコマドリと遊ぶうちに、メアリはどんどん健康になっていきました。


そして見つけた、『秘密の花園』の入り口。


『秘密の花園』とは、もう十年も前に、閉められてしまった庭のことでした。

おじさんの妻が、そこで大怪我をし、亡くなったために、鍵を埋めてしまった庭です。

けれどもメアリは、どうしてもそこへ行ってみたくてたまりませんでした。

そしてついに、その鍵を見つけるのです。


そのあと、メアリはディッコンと出会います。

『秘密の花園』は、二人の秘密の場所になり、メアリはそこで毎日、庭いじりを楽しむようになりました。

たくさんの花を植え、いきいきと庭が生き返っていくのを見るのが、メアリの幸せだったのです。

そしていつの間にか、誰も好きじゃなかったメアリは、好きな人がたくさん増えたことに気づくのでした。


そしてまた、メアリはもう一人の男の子、コリンと出会います。

コリンは病弱で、自分はすぐに死ぬのだと言い続けます。

けれどもメアリと接するうちに彼も変わり始め、ついには、生きたい、と思うようになります。


それは、メアリと、ディッコンと、『秘密の花園』の魔法のおかげでした・・・。



感想
すっごく、面白いです。
ものすごい事件が起こるとか、はらはらどきどきの冒険があるとか、
そういうわけではないのですが、すごく楽しくて、どんどんページをめくり続けてしまう、不思議なお話です。


主人公のメアリは、最初は全然かわいくありませんが、彼女がどんどん変わっていき、かわいく、生き生きとしてくるのが、とても嬉しいです。

そして、マーサも、マーサのお母さんも、ディッコンも、すごく魅力的な人たちで、ほんとうに、『誰からも好かれる』というのが、よくわかるような人たちなのです。

コリンもまた、メアリとそっくりです。変わっていく彼は、まるで別人です。


そして人間と同じくらい、この物語の面白さは、『秘密の花園』の描写です。

最初死んだように見えた庭が、どんどん生き返っていくのを見るのは、

本当に楽しくてワクワクしました。


誰ももう来ない、入れない、秘密の庭で隠れ家のように過ごす、というその状況だけでも特別な感じですが、メアリやコリンが、まるで生き返っていくようなのも、とても楽しい。


この本を読むと、太陽や空気、空や木、花、大地・・・自然の持つ、素晴らしい魔法の力を感じます。

読み終わると、しみじみと、幸せな気持ちに包まれます。

そして、何だか土いじりがしたくなってしまう・・・そんな物語です。



HOMEへ  図書室へ  長編目次へ