アルジャーノンに花束を

 ダニエル・キイス作 小尾芙佐訳  早川書房


あらすじ
白痴のチャーリィ・ゴードンは、ストラウス博士とニーマー教授が行う、ある実験の被験者となります。
それは知能を上げるもので、動物実験が成功したので、初めての人間の実験体として選ばれたのです。

この実験で、ずっと長く頭脳が発達した状態のままなのは、ねずみのアルジャーノンだけでした。


手術を終えたチャーリィは、いろいろなパズルやゲームをやらされ、経過報告を書かされます。
その過程で、徐々に頭脳が発達していくのです。

次第に、チャーリィは頭がよくなっていきます。
それと同時に、自分の周りの世界が変わっていきます。
それは、嬉しいことではありませんでした。


白痴だった頃のチャーリィは、ずっと頭がよくなりたいと思っていました。
それは、昔から母親にそう言われていたからです。

頭がよくなれば、他の子と同じようにできれば、かわいがってもらえると、そう思っていたからです。
みんなが自分を好きになってくれると、喜んでくれると思っていたからです。


しかし、実際はそうはなりませんでした。
チャーリィは気がついてしまったのです。

周りの人が、自分をどう思っていたのかを。

そして、優しいと思っていた人たちが、実際はそうでなかったこと、
神だと思っていた博士たちが、ただの人間であったことを知るのです。


そんな中、チャーリィは恋をします。
相手はチャーリィに言葉を教えていた先生で、
彼女は、チャーリィの変化に戸惑いながらも彼を受け入れてくれます。
しかし彼女との恋には、壁が立ちふさがっていました。



たった一人(というか、一匹)、チャーリィが心から信頼できる存在は、ねずみのアルジャーノンだけでした。
アルジャーノンは同じ手術を受け、絶えず実験動物として扱われ、
毎日食事をするために、難しい迷路をクリアさせられていました。

チャーリィは、話はできないけれどアルジャーノンと共に過ごし、とても大切に思っていました。


そんなある日、チャーリィは重大なことに気づきます。

それは、チャーリィの人生を大きく変える出来事でした・・・。



感想
この話は、純粋に「面白い」ということができません。
言おうとすると、胸が詰まってうまく言えないのです。
でも、つまらないなどとは全く思っていません。
ただ、切ない気持ちがこみ上げてくるような、そんな話です・・・。


チャーリィの純粋さを見ると、本当に胸が痛くなります。

みんなのことが大好きで、毎日が幸せだったチャーリィ。

でも、手術をすればもっとみんなと仲良くなって、きっといいことがあると、心から信じていたのです。


知能が高くなったチャーリィは、孤独になります。

今まで一緒にいてくれた人は、チャーリィの変化を受け入れてはくれません。

そして、それ以外の人はみんな、チャーリィを研究対象として見るのです。

もっと他の友達を作れればよかったのかもしれません。

でも、彼は、絶望してしまったのです。


アルジャーノンがもし人間だったら、きっとお互いいろんなことを話せたのでしょう。

そうでなかったことが、かわいそうでなりません。


それでも彼は、手術をしたことを後悔していない、といいます。

たくさん辛い思いをして、苦しんだのに、それでもそう言う彼には涙が止まりません。



このお話がハッピーエンドかどうかは、私にはよくわかりません。

どういう結末が、一番いいのかわからないからです。

ただ、チャーリィの優しさは、ずっと変わらないのだと、最後まで読んでいつも思います。

どんなに彼が変わっても、その変わらない優しさに・・・感動します。


このお話は、経過報告という形で、チャーリィの一人称で書かれています。

そのため、最初の頃は子供のような文章で、かなり読みにくいです。

でもこういう形だからこそ、チャーリィの感情がまっすぐに伝わってきて、余計に深く感動するのだと思います。

本当に、人間の優しさや強さや弱さを、たくさん感じられる作品です・・・。



HOMEへ  図書室へ  長編目次へ